不妊に悩む人を救う卵子提供

卵子提供と卵子ドナーの存在

現代の日本で年々増加しているのが不妊に悩む夫婦やカップルです。女性の晩婚化が一つの原因となっていると考えられているのですが、不妊の定義としては避妊をしない性交を2年以上続けても妊娠に至らないものが不妊となり、不妊が増加したことによって不妊を専門に診療する医療機関や医師も増えています。


不妊の原因として、女性の社会進出が盛んになったことによって晩婚化が進んだことが一番に挙げられます。ですが、不妊の原因は女性ばかりにあるわけではなく、男性にも原因となる要素があったり、女性と男性の両方にあったり、中には明確な原因がわからない原因不明というものもあります。


不妊を疑う場合には、まず原因がなんなのかを突き止めるために、女性も男性も不妊検査を行い、この結果によってどの様な治療が適しているかを判断します。


(参照)国内の卵子提供エージェント情報:卵子ドナー・卵子提供プログラムのF-vision


不妊治療とは

不妊検査で自然な妊娠が難しいと判断された場合、不妊治療を受けることになります。不妊治療によって妊娠し、子供を生むことができるようになります。
不妊治療は大きく分けて、一般不妊治療と高度生殖医療と呼ばれる二つの治療があります。


一般不妊治療の種類は、基礎体温やホルモンの数値などから排卵日を予測して、その排卵日前後に性交をする「タイミング療法」、排卵誘発剤やホルモン剤を使って妊娠をしやすくする「ホルモン療法」、男性の精子を採取して排卵日に直接精子を注入する「人工受精」などがあります。


高度生殖医療は、卵子と精子を培養器の中で受精させる「体外受精」、卵子に直接精子を注入して受精を促す「顕微鏡受精」、凍結させた受精卵を女性の体内に戻す「凍結胚移植」などがあります。


二つの治療法の大きな違いはやはり費用でしょう。一般不妊治療の場合は、健康保険が適用されるので内科や外科などで支払う診療費などとあまり変わらず、人工受精でも一回につき1万円から3万円程度となります。これに対して高度生殖医療の場合は、健康保険適用外の診療となるので全額自己負担となり、体外受精の場合は一回30万円ほど、顕微鏡受精の場合は一回50万円ほどと経済的な負担が大きくなります。高度生殖医療の場合は年齢制限があるものの、国や自治体から助成金を受け取ることが出来るので、こういった制度を使って少しでも経済的な負担を減らすことが可能です。


これらの不妊治療は健康な卵子、精子があってこその治療となり、妊娠に至ることができるものですが、ここで問題になってくるのが女性の年齢と妊娠の確率です。
女性が年齢を重ねれば重ねるほど、妊娠する確率は下がっていく傾向にあります。例えば20代の女性の妊娠する確率が25%あるのに対して、40代になると5%に下がってしまうのです。そして45歳になると1%となります。
ここから妊娠が継続する確率などを考えると、女性には妊娠に適した年齢があることが医学的にも証明されているのです。


年齢を重ねるごとに、女性は妊娠出来なくなる確率が上がってしまうと考えてよいでしょう。この理由としては子宮や卵巣などの機能の老化、卵子の老化などが考えられます。特に卵子の老化は深刻なものであり、女性は生まれ持った卵子しかなく、新しいものが生きている中で作られることはありません。ですから、様々なダメージが卵子に蓄積してしまっているのです。


では、女性の卵子も問題ある場合には、子供を持つことを諦めなければならないのでしょうか?実はそんなことはありません。卵子に問題がある女性でも卵子提供を受けることによって子供を持つことができるのです。


卵子提供を受けるということ

卵子提供を受けるということは、第三者の卵子を使って妊娠をすることです。残念ながら日本国内では、病気などで卵巣を失って排卵をすることが出来ない場合や早期閉経などによって排卵がなくなってしまった場合など、卵子提供を受ける他に子供を持つ望みがないと認められた場合にのみ知人や親族から卵子提供を受けることが出来ます。卵子の老化による不妊では、日本国内では卵子提供を受けることは難しいのです。


ですが、海外であれば日本国内で認められるような理由でなくとも卵子提供を受けることができ、卵子ドナーも匿名の第三者から選定することが可能です。年間100人以上の女性が卵子提供を受けるために海外に渡航しているのが現状なのです。一昔前は、アメリカでの卵子提供が主流でしたが、最近では比較的安価な価格で卵子提供を受けることができるタイなどの東南アジアが渡航先となっています。


Pick-Up TOPICS

不妊治療と経済的負担

不妊に悩む夫婦やカップルは日本国内でも年々増加しています。不妊の定義としては、避妊しない性交渉を続けても2年以上妊娠に至らないものを不妊といいます。現代の日本では、全体の出生児のうち約50人に1人は体外受精などの不妊治療によって生まれており、小学校などのクラスに一人は不妊治療によって生まれた子供がいるということになるのです。

詳細はこちら
日本人女性が卵子ドナーになるためには

女性の場合は、生まれてきた時には持っている卵子の数が決まっています。その数は約200万個と言われており、初潮が始まるころには約20万個まで減少しているのですが、この卵子は受精しなければ毎月の生理によって体外に排出されており、無駄なものとなっていると言っても良いのです。

詳細はこちら
子供を持つ確率

子供を持つためには受精、着床、妊娠の継続、出産など様々な確率を乗り越えることになります。自然妊娠や不妊治療による妊娠を成功させても、妊娠を継続する確率などを考えると、奇跡的な確立で子供を持つということが成り立っていることがわかるのです。
不妊治療を続ける上で何度も失敗してしまい、中には心が折れてしまったり妊娠しないことをストレスに感じてしまう人もいるでしょう。ですが、こういった奇跡的な確率の上で妊娠や出産が成り立つことを知っておくと、少しでも前向きに不妊治療に望むことが出来るのではないでしょうか。

詳細はこちら

twitter & Bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

妊活ママのサポートサイト

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。