最近の歯医者さん

最近の歯医者さんは明るく、先生もこれから行われる診療内容、またそれに掛かる費用をはっきりと説明してくれる所が増えているようです。以前は虫歯になる、歯が痛くなると訪れていた歯医者がさんが、今では半年ごとなど定期的に通い、口の中をちぇ会苦してもらう事虫歯だけでなく、体の調子も一緒に見てもらう事も可能なようです。

歯科医の考え方も大きく変わってきているようで、患者さんが何時までも自分の歯で物を食べれるようにして、認知症や脳梗塞の予防に繋げていくようにしているようです。

また虫歯だけでなく、ホワイトニングをする事や部分的な矯正を行う事で、患者さんが素敵な笑顔を保てる様に、自信を付けられるようにする事も出来るようです。

マウスガードを作ってくれる歯科医

甘い物の食べすぎによる虫歯や、タバコの脂による歯の黄ばみ、または中年期になると気をつけなければ行けない歯周病。このような病気にならない様に予防するのが歯科医の役目となってきています。

また野球選手などスポーツを長い間している人の中には、歯を激しくかみ合わせる為に若く健康な歯でも一般の人に較べると奥歯がぼろぼろだという話を聞きます。このような状況を避ける為にマウスガードを付ける事が多々ある様ですが、自分に合ったマウスガードで無ければ意味がありません。

歯科医によってはこのマウスガードを患者の口の中、噛み合せにあった精密なマウスピースを作ってくれる所がある様です。スポーツ似集中できるようまた歯だけでなく顎への影響も考えると、歯科医でマウスピースを作ったほうが良いかもしれません。

生涯を通しての歯医者さん

最近の歯科医は定期的に患者の口の中をチェックする事で、患者の生涯を通しての信頼と虫歯や歯周病だけでなく、健康のチェックも行っていくようです。年を取っても自分の歯で物を食べるということは、認知症や糖尿病また癌などの大きな予防になるようです。

また幼い時からしっかりとして歯磨き習慣を付ける事が、幾つになっても自分の歯で食べれる丈夫な歯を作る基本になることから、歯磨き指導なども多く行われています。また年を取って歯医者までいけないと言った人たちの為に、介護施設への訪問または自宅への訪問歯科診療を行っている歯科医もいるようです。

このような形で子供からお年寄りまで地域の人たちを、予防歯科検診を行う事で支えている歯科医が多くいる見たいです。

掲載記事の参照元:http://happiness-dc.jp/